アリゲーターガー|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

  1. トップ
  2. 古代魚
  3. アリゲーターガー
  4. 飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

分類:ガー目ガー科
学名:Atractosteus spatula
別名:とくになし
分布:ミシシッピ川水系
サイズ:150cm以上
特徴:現地では最大3,5mを超える大型種。以前は幻のガーとして呼ばれていたが、アメリカで養殖技術が確立されてからは日本にも安定的に輸入されるようになりました。稀に希少価値の高いプラチナアリゲーターガーなども入荷します。

飼育方法(飼い方)
非常に大型となる為、大型水槽が必要となります。幼魚時は砂利をひき、水草などを植えてあげると落ち着くでしょう。餌取りが苦手なので他種と混泳している場合などは十分に餌が行き渡っているか良く観察してあげると良いでしょう。
小魚など生き餌を好みます。慣らせば浮上性の人口餌にも餌付くでしょう。
水温
25℃~27℃
混泳
同サイズもしくは同サイズ以上の魚とは混泳しやすいでしょう。

アリゲーターガーの他の情報

ページトップへ