セボシタビラ|繁殖・産卵

  1. トップ
  2. 日本産淡水魚
  3. セボシタビラ
  4. 繁殖・産卵

繁殖・産卵

繁殖・産卵

 

分類 タナゴ属 タビラ種

学名 Acheilognathus tabira nakamura

分布 九州西北部

サイズ 69センチ

 

特徴 タビラ5亜種の中で最も長いひげを持っています。幼魚の時は背鰭に透明な黒色斑があるのが特徴です。しかし雄の成魚は消失してしまいます。雌は残っていることも多いです。また肩の部分にはタビラ類特有の緑色の暗色斑があります。

 

繁殖
繁殖期は通常4~6月となります。オスはこの時期付近には婚姻色が見られます。
産卵
メスがドブガイやイシガイなどの二枚貝に卵を産み付けます。繁殖を楽しみたい方は二枚貝も一緒に飼育すると良いでしょう。

セボシタビラの他の情報

ページトップへ