ロングノーズガー|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

  1. トップ
  2. 古代魚
  3. ロングノーズガー
  4. 飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

分類:ガー目ガー科アトラクトステウス属
学名:Lepisosteus osseus
別名:とくになし
分布:北米東部
サイズ:120cm
特徴:細長い口が特徴の美しい種類です。餌の取り方が遅い為、他魚と混泳する場合は餌のあげ方には注意が必要です。

飼い方
幼魚期間は60cm水槽程度から飼育が可能ですが、成魚は180cm以上の奥行きが90cm以上あるものが良いでしょう。底砂は特に選びませんが細目の砂利の使用が良いでしょう。また、流木付き水草などで隠れ家などを作ってあげると落ち着いてくれるでしょう。
肉食性で自然界では魚やカエルなどを主にエサにします。飼育には小赤やザリガニや浮上性の人工餌などをバランスよくあげましょう。
水温
24~28℃
混泳
口に入らない大型魚とであれば混泳は可能です。餌の取り方が遅い為注意が必要です。

ロングノーズガーの他の情報

ページトップへ