テキサスドワーフクレイフィッシュ|繁殖・産卵

  1. トップ
  2. 日本産淡水魚
  3. テキサスドワーフクレイフィッシュ
  4. 繁殖・産卵

繁殖・産卵

繁殖・産卵

分類:アメリカザリガニ科
学名:Cambarellus texanus
別名:テキサスドワーフザリガニ
分布:アメリカ合衆国
サイズ:4cm
特徴:ザリガニ種の中でも最も小型でブルー系の個体から褐色味を帯びたタイプまで様々です。

繁殖
前脚のハサミが大きく、第一腹脚に交尾器を有するのがオスで、長い腹脚を持つのがメスです。
十分に成熟すると自然と交尾を行いメスが卵を抱えている様子を見ることができます
産卵
卵から孵った稚ザリガニはしばらくは母親に守られて育ちますが、7mmほどになると単独で行動するようになります。この頃から子供同士で共食いが始ったり、母親に食べられてしまうことがありますので親から離し隠れ家を多めに入れてあげると良いでしょう。

テキサスドワーフクレイフィッシュの他の情報

ページトップへ