ネオケラトドゥス|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

  1. トップ
  2. 古代魚
  3. ネオケラトドゥス
  4. 飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

分類:ケラトドゥス目ケラトドゥス科ネオケラトドゥス属
学名:Neoceratodus forsteri
別名:オーストラリア肺魚
分布:オーストラリア南東部 メアリー川
サイズ:150cm以上
特徴:現存するシーラカンスの仲間と同じ肉鰭類に分類される肺魚の一種です。他の肺魚に比べてより原始的とされています。

飼い方
自然界では180cm程に成長します。飼育下でも1m程度に成長するので180cm以上の水槽が必要となります。水草などを入れる場合、砂利を掘り返してしまう可能性がある為、流木に巻きつけたアヌビアスなどが良いでしょう。
口に入る大きさのメダカや小赤、人工飼料などバランスよく与えましょう。
水温
24℃~26℃
混泳
他の肺魚に比べて温和な性格ではありますが、単独飼育が望ましいでしょう。

ネオケラトドゥスの他の情報

ページトップへ