ショートノーズガー|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

  1. トップ
  2. 古代魚
  3. ショートノーズガー
  4. 飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などについて)

分類:ガー目ガー科
学名:Lepisosteus platostomus
別名:とくになし
分布:ミシシッピ川水系
サイズ:60cm
特徴:名の通り嘴の短いガーで、ガーパイク種の中では小型な為人気が高いです。幼魚の頃は斑点があるが、成長と共に消えてなくなり茶褐色の体色になります。

飼い方
小型ではありますが60cm程まで成長する為120cm以上の水槽が必要となるでしょう。またガーパイクの仲間は体がかたいので奥行きは60cm以上あった方が良いでしょう。落ち着かせる為、幼魚時は砂利をひき、水草などを植えてあげると良いでしょう。餌取りが苦手な為他種と混泳させる場合などは十分に餌が行き渡っているかをしっかり観察してあげると良いでしょう。
小魚など生き餌を好みます。慣らせば浮上性の人口餌にも餌付くでしょう。
水温
25℃~27℃
混泳
同サイズもしくは同サイズ以上の魚とは混泳しやすいでしょう。

ショートノーズガーの他の情報

ページトップへ